太ると身長が伸びなくなる?

身長を伸ばすためには食事が大事なのは間違いないのですが、食事の種類によっては肥満になってしまうこともありますから注意しましょう。肥満は生活習慣病の原因にもなり、将来にまでその不安の影を残しますので、できるだけ避けたいところですよね。

 

子供の身長が伸びるのか、それとも太ってしまうのか、それを決めるのは食事の種類です。簡単に言うと、太る場合には食事の中で脂質が多くなり、縦に伸びる際にはタンパク質が多いということになります。これらはバランスが大事ですから、どちらが極端に少ないのも成長には良いことがありません。

 

ひとつ注意したいのが、肥満ぎみになると、成長ホルモンが出にくくなるということ。そのために太り気味の子は、身長がそこそこになってしまいやすいので注意しましょう。また、皮下脂肪にある酵素は骨の成熟を促すホルモンを生成してしまい、骨の成長が早いうちに止まってしまいます。そのため、成長期は太ってしまうと短くなると思っておくと良いでしょう。

 

子供は消費エネルギーが多いので、頑張ってダイエットをしなくても自然な運動習慣の中でダイエットをすることができますので、そうそう焦る必要はありません。特に女の子は、この時期にダイエットに走ると生殖機能やバストなどの成長に問題が出ることもありますので注意しましょう。体をしっかり成長させたい場合は、気持ちタンパク質を多めに摂取するようにして、その上でバランスよく食事をすることが大切です。