加齢で身長が縮む原因や対策について

高齢になってくると、若い頃と比べて徐々に身長が縮んでしまう人が増えてきます。厚生労働省の調査した結果、40歳代の頃と比べて身長が2センチ以上縮んだという女性は、介護が必要になってしまうリスクが2倍高くなるということがわかりました。

 

その原因としては、身長の低下は姿勢が悪くなっていることや骨粗しょう症などによって起きてしまう場合が多いために、病気にかかりやすくなってしまったり、背骨が折れやすくなってしまったりすることが考えられます。

 

身長の計測といえば、10代の成長期に行う印象が非常に強いのですが、身長が将来の介護リスクにも関わってくるとなれば、大人も身長の変化には注目しておくことが大切でしょう。そんな加齢に伴う身長が縮む原因やその予防対策について考えてみたいと思います。

 

加齢によって身長が縮ねしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。その原因としては、次のようなものが挙げられます。1つめは、水分量が減少してしまうことによる軟骨の厚みの低下です。

 

骨と骨の間でクッションの-役割を果たしている軟骨は、加齢に伴い水分量が減少していき、薄くなってしまうのです。背骨はおよそ30個の骨が連なってできているものですが、その1つずつの間にある軟骨(椎間板)の厚みが薄くなってしまうことにより、身長が低下してしまうのです。

 

2つめは、筋力の低下や生活習慣による不良姿勢です。猫背や左右に曲がってしまった背骨、O脚やX脚などの姿勢のゆがみというのは、身長を低くしてしまいます。このような姿勢による身長の低下は、高齢の方に限ったことではないのですが、筋力が落ちた高齢の方により生じやすい問題です。

 

3つめは、骨粗しょう症による圧迫骨折です。骨粗しょう症になってしまうと骨が弱くなるために、体重等の圧迫がかかるだけでも背骨がつぶれてしまい、骨折することが多々あります。これによって背骨が曲がってしまい、身長が低くなってしまうのです。